新着記事

2008年10月23日

手帳活用術を極めてみる!?

そろそろ手帳を買い替える時期がやってきましたね。手帳もいくつかの時期にわかれていますね。1月から始まる手帳、4月から始まる手帳、9月から始まる手帳。どの手帳を選びます?ちょうど4か月周期ですね。

まぁ、この話はさておき、手帳も多様化していますね。ちょっとした情報が載っているのが多いです。路線電車の地図は当たり前で、地方の路線が書かれている手帳世界地図が載っている手帳も見つけちゃいました。他にも電話帳メモは一般的ですが、家計簿や地域限定の情報が載っている手帳もあります。逆にすごくシンプルな手帳(年表記、月表記、メモのみ)もあったりします。

普通、手帳の使い方と言うと、予定や日記などでしょうか?手帳を買ってもあまり活用しない人もいるでしょう。手帳は予定や日記などで使うだけでなく、普段ちょっと気になることをメモしたり、それについて調べたことを手帳に書いていくと言うのはどうでしょう?人はだれでもひらめきをするけど、もったいないことに忘れてしまいます。そのひらめきを書き留めておくのに手帳を使います。また調べたことをどこかに書いておかないと忘れてしまいます。そして、あちこちに書き留めておくと、どこに書いたかわからなくなりますよね。そこで、普段手元に置いている手帳が活躍します。携帯やミニPCでもいいのですが、あるページを開かないと情報がみれないと言うのが欠点です。パラパラページをめくり、他の情報も見ながら手帳を眺めてみると、思わぬところでリンクして、また新しいひらめき、発見があるかもです。

気になる人は一度試してみては…
続きを読む
【関連する記事】
posted by yasu at 14:58| 京都 ☁ | TrackBack(0) | 活用術・手段について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

ボジョレーヌーボー解禁まじか!ワイン対日本酒

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいていますね!

ボジョレーヌーボーの解禁日を楽しみにしている人もいれば、あまり気になっていない人もいるのかなぁ。
個人的にボジョレーヌーボーを呑んだことがない人なので、何とも言いようがないですが、世界で最初に飲むことができます(日付変更線の近くに位置するため)。おそらくそのために、日本では、他の国よりもこの時期にざわめいているのではと思ったりします。実際にボジョレーヌーボーをこしらえているフランスでは、あまり呑まれないと聞いたことがあります。本当においしいのか?また呑みやすいのか一度拝借してみたいものです。

ボジョレーヌーボーワインの一種ですが、ワインと言えば、ポリフェノールが多く含まれてることが知られています。ある有名人(川島なお美など)も「私の血はワインです」と言うぐらい呑まれている人もいます。個人的にはワインより日本酒がいいですね。確かに、ワインは産地や時期によって味が変わります。その辺が奥深いと思う人がいて、いろいろな料理と合しやすかったりするのでしょうね。

その反面日本酒は、ワインほど味の幅が大きいわけではないですが、いろいろと好みが分かれます。今はあっさりして飲みやすい、甘口淡麗というところでしょうか?でも、甘口濃淡というものは、よく売られているお酒よりもお米成分と言いましょうかいろいろ溶けていて、もう少しどろっとしています。この甘口濃淡というのは、昔、昭和のときぐらいかもっと昔に呑まれていた日本酒にあたります。現在では、この甘口濃淡のお酒を呑むことはあまりできないので、個人的には悲しいですが・・・
続きを読む
posted by yasu at 19:03| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。