2008年10月25日

宮崎駿の「深み」へ

宮崎駿の「深み」へ』村瀬学 平凡社新書 です。この本、すごく面白かったです。宮崎ファンならぜひ見るべきかも!!

歴代の宮崎映画を面白い角度で読み切っています!
個人的には、なにか裏がありそうだなぁと不思議に思っていたところを、ずばり言われてしまったぁ!と言うぐらい共感が持てました。
最初は、『「ジャングルとは何か」という問い』から始まり、最後は、『食べろ!そなたは美しい』と名セリフで終わっています!まさしく宮崎駿の心髄まで知ることができるかもです。ここではあまり多くを語らないことにします。読んでください!お勧めですよ!!

これを読んだ上で、『崖の上のポニョ』を見てみると、また違った視線で映画を楽しむことができちゃうかもです。
前作とどこに共通点があるのか、なにがつながっているのか!気になりますね。

ちなみに、崖の上のポニョ映画の中に、トトロがいたりします!
探してみてくださいね。
posted by yasu at 21:34| 京都 ☁ | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。