2008年10月21日

ボジョレーヌーボー解禁まじか!ワイン対日本酒

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいていますね!

ボジョレーヌーボーの解禁日を楽しみにしている人もいれば、あまり気になっていない人もいるのかなぁ。
個人的にボジョレーヌーボーを呑んだことがない人なので、何とも言いようがないですが、世界で最初に飲むことができます(日付変更線の近くに位置するため)。おそらくそのために、日本では、他の国よりもこの時期にざわめいているのではと思ったりします。実際にボジョレーヌーボーをこしらえているフランスでは、あまり呑まれないと聞いたことがあります。本当においしいのか?また呑みやすいのか一度拝借してみたいものです。

ボジョレーヌーボーワインの一種ですが、ワインと言えば、ポリフェノールが多く含まれてることが知られています。ある有名人(川島なお美など)も「私の血はワインです」と言うぐらい呑まれている人もいます。個人的にはワインより日本酒がいいですね。確かに、ワインは産地や時期によって味が変わります。その辺が奥深いと思う人がいて、いろいろな料理と合しやすかったりするのでしょうね。

その反面日本酒は、ワインほど味の幅が大きいわけではないですが、いろいろと好みが分かれます。今はあっさりして飲みやすい、甘口淡麗というところでしょうか?でも、甘口濃淡というものは、よく売られているお酒よりもお米成分と言いましょうかいろいろ溶けていて、もう少しどろっとしています。この甘口濃淡というのは、昔、昭和のときぐらいかもっと昔に呑まれていた日本酒にあたります。現在では、この甘口濃淡のお酒を呑むことはあまりできないので、個人的には悲しいですが・・・

posted by yasu at 19:03| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。