新着記事

2005年11月29日

アミノカルボニル反応

 純米酒につづき、今日はその他のお酒!ご存知かもしれませんが、みりんもお酒の一種です。みりんはもち米から造りますが、日本酒のように酵母で発酵をしません。なので、みりんの中身には糖分とアミノ酸が多く含まれています。そこで、アミノカルボニル反応により赤褐色に呈色します。熟成するにしたがって、そのアミノカルボニル反応が進み、色が濃くなります。さらに、赤味噌や醤油が褐色しているのもこの反応によるものです。
 中国酒の紹興酒はどのようなカビを用いているかご存知ですか?紹興酒造りの麹菌は、クモノスカビ(Rhizopus)やケカビ(Mucor)です。日本酒とかなり違うところは、麹です。カビの種類が違うので、そのカビにあった方法が進化していったみたいです。日本の麹は蒸した白米を使った散麹であるのに対して、中国の麹は生の穀物を練り、ブロック状にして固まり状の麹(餅麹)だそうです。
 日本酒・中国酒造りに用いられるこれらの麹菌(カビ)、実はもう一つ違う顔も持っています。それは次回に・・・いい気分(温泉)
posted by yasu at 21:38| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

ブルーベリー入りサンライズ

 ゴゴゴゴ・・・・と何かが変わるかもしれない。何かが変わったらお知らせしますひらめき
posted by yasu at 23:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

お酒に関わるカビ

 お酒は、いつ頃から造られているかご存知ですか?弥生時代から米麹を使ってお酒が造られ、現在の清酒造りの原型が出来上がったのが16世紀後半とされているそうです。ご存知と思いますが、一般的に造りは秋口から始まり、寒い冬がもっとも盛んで、春先には終了するそうです。それから半年ぐらい寝かし、秋に飲みごろになっているように造られます。だから、今がお酒の飲みごろです!!秋仕上げの純米吟醸酒!きっと美味しいに違いない。
 酒造りの違いでお酒の名前が違います。酒造りは、基本的に原料米・精米・洗米・浸漬・蒸し・米麹造り・発酵・しぼり・清酒となっています。まず原料米は、日本国内で約300種類の米が栽培されている。精米は、外側を削ることによって白米にするが、削る度合いによって大吟醸酒・吟醸酒・純米酒(醸造酒)と呼び名が変わります。米麹造りに用いる麹菌(カビの一種)(Aspergillus oryzae, awamiri, niger etc)によってお酒の特徴が変わってくる。発酵の時に、醸造アルコールを加えるか否かで、『純米』と呼べる酒かどうかということになってきます。さらに清酒の時に、火入れをどの状態で入れるかによって呼び名が変わってきます。例えば、生酒・生貯蔵酒・清酒など
 一言にお酒といっても奥が深いですね。ちなみに麹菌でゲノム解析が終了している菌は、Aspergillus nigerです。ニガーは黒という意味で、この菌の別名は『黒かび』です。この菌は他にもいろいろな種類の酵素を作るみたいです。その酵素を用いると、ジュースの果汁の濁りを除いたりするそうです。この菌は至るところに存在し、エアコン・パンなどに生える黒かびも、この菌です。黒かびを発見したら、「ニガーだ!」と叫んでみましょう!!
posted by yasu at 21:49| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

知らずに差をつける!!

 今日は、個人的にちょっと異質な本を紹介します。『知らずに差をつける!絶対成功する営業術』渡瀬謙:日本文芸社 という本です。人と接する仕事をしている人が読む本であると一瞬思いますが、読んでみると意外と使えることがいろいろありました。なので、営業などの職業ではない人でも読んでみると、ちょっといいことがあるかも・・・ この著者は、実はあまりしゃべり上手ではないそうなんです。だが、営業トップの成績を出したそうです。営業職は、必ずしもお喋りの得意な人がいい成績を出すとは限らないみたいですね。その真相は・・・この本を読むのだ!
 そう、最近は大学・実家で大体交互に泊まっています。なので、電車に乗る機会が1/2になったので、本を読み終える回数が減ってきています。10月ごろは週に2冊ぐらいは読んでいたような気がしますが、今は週に1冊ぐらい読めればいいかなという感じです。それから、研究分野の近辺に興味を持ってきているので、近辺分野に探りを入れています。たぶん、このブログでも紹介しますね。さらっと話すと、『カビ』についてですが、日本の国菌はご存知ですか?そう、麹菌(コウジキン)です。この菌もカビの一種で、別名Aspergillus oryzaeと言います。この菌は日本酒・醤油・味噌などで用いられているそうです。そして、Aspergillus属には、他にもいろいろ面白いことが分かっています。ね!面白そうでしょ?乞うご期待!!
posted by yasu at 22:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

『は』の日

 『は〜』と、夜の京都で白い息。京都もだいぶ寒くなってきたようです。例のイチョウ並木も焦げ茶色の枝が目立つようになってきました。でも、研究室では、暖房で暑い・・・

 今日は、そろそろ下宿をしようかなぁと思い、不動産に行ってきました。条件が厳しかったようで、2〜3件だけ紹介してもらいました。キッチン・バスタブ・洗濯機可・大学と駅の近くで4万円以下の条件は、甘い考えだったかもしれません。4万ちょっと出すといろいろあると言われました。出せないことはないんですが、『は〜』と言う感じです。また他の不動産に行ってみようなぁ・・・

 『は!』っと気づけば、プライマーと数種類の試薬が届いたので、複数の実験を同時進行してます。酵素活性を測定しながら、PCRで遺伝子を増やし、次の実験の予定を考えたり、他の研究室の人とメール交換しながら実験のアドバイスをもらったりしてます。
posted by yasu at 23:55| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

糖鎖

 『糖鎖』を辞典で調べてみると、『生体内に存在する糖類・配糖体・糖タンパクなどの糖の部分を鎖に見立てた言葉。構成する単糖の種類・結合位置・順序に多様な組み合わせがあり、それによって血液型や免疫作用などの生体の様々な生理的認識機能が調節されている。』と書かれています。いきなりびっくりしました?今回はちょっとお勉強です。
 『糖鎖』を始めて聞く人もいるかもしれないので、一言。コーヒータイムにお世話になる砂糖(ショ糖)は、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)がつながってできています。砂糖は2つの糖からできているので、二糖といいます。というわけで、様々な糖がつながっているものを『糖鎖』といいます。
 最近、その『糖鎖』の研究が盛んに行われています。身近なところでは、お乳の成分であるオリゴ糖、血液型を決めている糖、細胞認識に必要な糖(例えば、インフルエンザウイルスが動物の細胞を認識する時など)、神経の発生・分化など、人の病気・健康などの制御に深く関わっている研究が行われています。ちなみに、インフルエンザウイルスが認識する糖はシアル酸と言う糖ですが、この糖はすっぱいらしいです。なので、甘い糖もあれば、すっぱい糖もあるみたいですね。
 個人的に研究していることは、日和見感染症の真菌薬を発見するべく、あるカビの糖合成酵素を研究しています。ちょいマニアックですが・・・なぜ医薬系の研究をしているかというと、日本の研究目的のキーワードに『医薬』などがあったりする・・・(ごめんなさい、かなり抽象的に書きました。)
 難しかったか、一般的過ぎたか、どうか分からないけど、たまには科学的な記事も・・・
posted by yasu at 18:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

気づいたこと!!

 今日は、皆様のおかけで、延べ訪問者30人を突破!!ぴかぴか(新しい)
ちょっといい事があったかなぁ。次は、述べ40人/日を目指そう!!
最近は、延べ訪問者20人後半が多くて、30人を超えるのも夢ではないかもと、個人的にドキドキしていました。るんるん本当にありがとう!!
 気づいたことは、イチョウの葉が少し濃い黄色になり渋い並木道になりました。明日から大学で学園祭(11月祭)が始まるそうです。ちょい見学に行くかもしれないけど、研究でしょうね。普段と変わらず・・・ 今は、実験と言うより調べ物をする毎日です。たまには調べたことをずらずら書いてみようかなぁ。たぶん、専門用語があちこちにある文章になってしまいそうだけど。ちなみに、今もマイブームの歌を聞いています(笑)
posted by yasu at 21:53| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川嶋あいの歌を聞きながら・・・

 先週は本当に忙しかった・・・記事の投稿もあまりできなかったし、やれやれです。なんだろうなぁ・・・って感じです。ちょい病んできてるのかも。やばいなぁ、なんとかせな!
 今はなぜか動物細胞とか神経細胞に関係する本を読んでます。まぁ、新しいことをするのでいいんだけど、なんか方向性が違うと言うか、なぜこの方向に進んでいるのか・・・道に迷っている感じです。ちょい人間不信に入っているとこもあるけど、これでいいのかなぁ・・?こんなものかなぁ・・・?どうだろう? もう半年を過ごしてしまった。あと半年、無駄にしないために何かしなければ・・・
 ちなみにマイブームは、川嶋あいです。この人の歌を聞いて、癒されています・・
posted by yasu at 01:41| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

矢井田瞳の歌を聞きながら・・・

 明日は、半年間で蓄積したデータ(?)のまとめを発表するセミナーがあります。朝から夜までみっちりと・・・でも、まとめるほどでもないデータがあるので、どうしようかなぁ。困るところです。もっと身のある実験を考えるべきだったかなぁと思いつつ、なんとかなるのだ!とごり押しで切り抜けて見せます。最近の読書で培われた表現力で・・笑
 
posted by yasu at 08:29| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

異様な雰囲気・・・

 『バリバリバリッ!!』夕方頃、どことなく上のほうから聞こえてきました。そう、アメリカ大統領(ブッシュ)京都訪問の一件です。ちょうど実験をせっせと進めていたので、空を覗いていないのです。でも、ふと窓のほうを見ると、黒い物体が突如と右のほうから現れ、左上のほうに消えていきました。異様な雰囲気をかもしながら、『バリッ』と音を鳴らしながら・・・ 大統領にもなると自由行動が取れないですね。たらーっ(汗) それから国民の支持率も最悪らしいので、なんともなんともご苦労な職業ですね。
・・・とここまで書いたけど、実は、この内容、二回目なんです。と言うのも、記事を載せる前になぜか違うページになってしまって、記事が全部消えちゃいました。疲れがどっと出て、しばらく動けなかったです。は〜って感じです。なので、この辺で・・・バッド(下向き矢印)
posted by yasu at 21:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。